スポンサードリンク

2010年06月12日

リラックスする事

→ 戻る
自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康 
   >> 体の健康個別サイトマップ >> 安眠のサイトマップ 
 >> 心の健康全体サイトマップ
   >> 心の健康個別サイトマップ >> 安眠のサイトマップ 
 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康



睡眠は何故必要か





リラックスする事



睡眠2間前には
 忙しい、不安、イライラ、不愉快な事は忘れて
  くつろぎましょう。

睡眠薬や寝酒など体に有害なものに頼らず
 自然に眠れる様にするコツは

睡眠の2時間位前からくつろいで、
  嫌な事、心配事から解放されて   
   リラックス する事です。


睡眠薬や寝酒など体に有害なものに頼らず
 自然に眠れる様にするコツは

自律神経が乱れない様にする事です。

 自律神経の乱れとは
  昼間はウトロ、ウトロ 起きているけれど寝ぼけた気味
   即ち昼なのに
    自律神経が副交感神経モードになっている状態。

  夜は幸運していて目がパッチリ、目がさえて眠れない
   即ち夜なのに自律神経 は
    ”交換神経が活発に働くモード”になっている  
     みたいな状態です。

このような乱れを抑える為には
 睡眠の2時間位前からくつろいで、
  嫌な事、心配事から解放されて
   
   リラックス する事です。
   
寝る前は交感神経より
 副交感神経が優位になるようにしましょう。


posted by 花翠 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

睡眠は何故必要か

→ 戻る
自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康 
   >> 体の健康個別サイトマップ >> 安眠のサイトマップ 
 >> 心の健康全体サイトマップ
   >> 心の健康個別サイトマップ >> 安眠のサイトマップ 
 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康



睡眠は何故必要か



 ナポレオンは「睡眠は3時間で良い」と言ったとか
 受験生は「睡眠は4時間」と言われていた事がありましたが
  寝不足の人が偉業の成し遂げたり
   勉強ができる様になるという根拠はありません。
 むしろストレスを増やして失敗やミスをおかし易いと言えます。
 又 
  
 睡眠不足は以下の生活習慣病のリスクが増えます。 
 1).メタボのリスクUP
  食欲を増し肥満を促します。
  
 2).糖尿病のリスクが増します。
  インスリンの分泌が低下する為です。

 3).高血圧のリスクが高まります。
  自律神経のうち 交感神経が活発になり
   リラックスできすストレスが増して血圧が上がります。

 4).血管の若さが損なわれます。
  しなやか物質の分泌が低下し
   血管が固くなり、血流が悪くなります。





posted by 花翠 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 安眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

良く眠れる工夫

→ 戻る
自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康 
   >> 体の健康個別サイトマップ >> 安眠のサイトマップ 
 >> 心の健康全体サイトマップ
   >> 心の健康個別サイトマップ >> 安眠のサイトマップ 
 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康



よく眠れる工夫



睡眠は心身を休めるだけでなく
健康を守るために無くてはならない行為です。
 ・脳の発達やボケ防止、
 ・体が修復され
 ・免疫力、抗ガン作用
 ・コレステロールを下げる働き
又、
心が乱されす、精神のバランスを保つ為にも
 十分な睡眠が必要です。

睡眠薬や寝酒などに頼らず
 夜は自然に眠れるコツは
  睡眠2時間前には 嫌な事、辛い事、怒れる事、心配事から
   心を開放してくつろぎましょう。

  → リラックスは自律神経の乱れを正します。
  

1.日中は太陽を拝みましょう


 朝から日中に
  目を閉じて太陽を拝みましょう。
   睡眠に必要なホルモンであるメラトニンの分泌が止まります。
  昼間に分泌を止めておいた分
   夜に分泌して眠りやすくなります。
    メラトニンは抗加齢ホルモンともいわれ
     健康に必要なホルモンです。
  詳細はこちら →  メラトニン


2.夕食前の軽い運動


 夕食前には軽い運動がお勧めです。
  適度な運動で軽く汗を流し、
   心地よい疲労をしておきます。
  詳細 → 適度な運動   

 自律神経の交感神経を優位にしておきます。
  交感神経は興奮したり緊張したりすると働きます。
   血管を狭め、血圧を上げる働きをします。


3.あまり遅くならない夕食


 @夕食は寝る2〜3時間前にはすませましょう。 
  良く噛んでゆっくり食べましょう。
   早食いや胃にもたれるものを食べ過ぎると
    睡眠の妨げになります。
  詳細    →体に良い食べ方 

 

4.適度なお酒

 
  適度なお酒もお勧めです。→適度な飲酒
  でも寝酒は睡眠の妨げになります。


5.バスタイムでリラックス

 
 お風呂はただ体の汚れを洗い流すための時間ではありません。
  心身をリラックスさせて
   ストレスを解消し、血行を良くして
    心身が安眠モードに入る前準備と考えましょう。。 
  詳細はこちら → バスタイムでリラックス


6.寝る一時間前は安らかな気持ちでリラックス


 寝る前は 
  ストレスよりリラックス
  交感神経より副交感神経が優位になるようにして
  血圧を下げて血流がサラサラ流れる様にします。
   続きはこちら → 寝る前は安らかな気持ちでリラックス 



7.寝床に入って寝付けないとき


 不安や心配ごとストレスで寝付けない時
  嫌な事や辛い事は忘れて
   願い事を唱えましょう。
 願い事は潜在意識が受け取ってくれます。
  願い事のあるい人にとって
   寝入り際は「人生のゴールデンアワー」と言います。

 詳細は→  プラス思考で自己暗示



8.安眠グッズを試しましょう


 ・安眠まくらを試しましょう。
 ・お腹を締め付けない寝巻を使いましょう。
 ・体が冷えるときは腹巻やももひきをはいて寝ましょう。
 ・ねるねるテープ
  口呼吸を鼻呼吸に変えてくれます。
   口呼吸では細菌に感染する可能性があります。

  ご参照 →  お薦め安眠グッズ 

一番効果があるとされているのが
 読書です。我を忘れる効果があるものと思われます。


9.いびきをよくかくときは


 無呼吸症などで
  自分でも知らないうちに睡眠時間が
   不足している場合があります。
 無呼吸症症候群の疑いが無いか検査しましょう。
  医療機関に問い合わせれば検査器具を貸してくれます。


10.最新の研究、安眠効果No1 


 最新調査で安眠効果No1とされたのは
  なんと読書です。

    dokusyo.jpg
      

11.お腹を楽にしておきましょう 


 便が詰まってお腹が張っていると
  熟睡を妨げます。

   便秘の予防、解消をしましょう。

  尚、睡眠不足は 便秘の原因にもなります。

  悪循環にならない様、気をつけましょう。
 


posted by 花翠 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 安眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。